Banetoriko was introduced / ばねとりこ、ブログに紹介される 

Banetoriko was introduced by Takuya Sakaguchi, on his blog.

It’s short and sweet! For the article, click here! (*in Japanese) I am so grateful and honored.

ばねとりこが坂口卓也さんのブログ、「音薬談」にてご紹介いただきました。とても嬉しいです。

記事はこちらをクリック

坂口さんの書かれた、CDライナーノーツを何度もよく読みました。

もっと妖怪ノイズ、頑張ります!

 

Live Diaries (4) / ライブ日記(4)

Banetoriko had a live performance at A Noisy Solstice. This event was organized by unsound.com, Gil Kuno. I played at Riverside the day before, so I was a little tired. But I think I had most emotional play I have ever had. Here’s the new video!

ばねとりこは先月22日にA Noisy Solsticeに出演しました。二夜連続ということもあり、疲れ気味でしたが、念のこもった演奏ができたと思ってます。これがそのビデオ!

The yokai of the night was Iyaya.

あの宵の妖は「否哉」。

iyaya

 

この妖怪については詳しいことは分かっていないようです。石燕先生の創作妖怪のようですが、彼女は水面に浮かぶ姿を見て何を思ったのでしょう。そして後ろの水門は?

この妖怪が話しかけてる気がしました。あの夜、わたしは彼女の霊媒になりました。

Not so much information is left about this yokai. This yokai is said to Sekien’s (the yokai drawing artist in Edo era) creation, but it’s very uneasy image. What does she feel watching her reflection on water?  And what does that sluice mean?

I felt this yokai was talking to me. So I was her medium that night.

 

ばねとりこの演奏のあとはいつも浄められた気持ちになります。

I always feel purified after Banetoriko’s live. That night was also the case.

✻                             ✻                         ✻

さて、他の出演のハイライトは、

The highlights of other appearances are:

幕開けはGX・ジュピター・ラーセンさん。今回はザ・ヘイターズではなく、ソロ名義です。最近多用しておられるポンプかばん。氏の織りなすノイズは反復の到達点?かもしれません。わたしには鼓動のように聞こえた瞬間もありました。もうこの演奏する姿は極まった感があります。

Opening is GX Jupitter-Larsen.

This time is not under The Haters, but as GX. The picture shows his latest noise-instrument, which is pumping suit case! His repeating style of noise is the summit of all repeatist are looking for. I felt like I heard noise like heartbeat a little bit. This image shows indisputable ultimacy of his style of noise.

GX_at_noisy_solstice

 

次はテレケイブズ。お美しい女性デュオです。わたしの注目しているノイズバンドで、その名の通り、遠隔洞窟音としかいいようのない質感の音のアンビエントなノイズ。とにかく音がいいのです。多数のエフェクト、音楽のこぎり、ギター、テルミンや、テープで織りなす地底音像は、他とは一線を画すと思われます。どんな音か聴きたい!方はここをクリック。この夜の写真を撮れなかったので、先ほどThe Handbag Factoryで行われたライブから。

The next is Telecaves. Duo by two beautiful women. This is one of my favorite band, As their name refers, their moody noise can be described only as sound of tele-caves. The texture is so beautiful. Their noise-scape of underneath the earth which is processed by many effects, guitar, musical saw, and others is unlike anything I have heard before. It’s crawling and echoing in inner-cave and outer space. To listen their sound, click here. I don’t have their photo from that night, so this picture is the  one from the live at The Handbag Factory in May.

telecaves_HB_may_2014

こちらが主催者のギル・クノさんと尺八奏者で陶芸アーティストのショウシ・カノコハタさんらによるKuno-Kano。尺八の音をラップトップでプロセスして、幽玄な音を披露。尺八とノイズといえばわたしなどはすぐにオルガナムを思い出してしまうのですが、ここではそういった幽玄さではなく、キオ・グリフィスさんによるビデオ投影のようにどこか熱さを感じました。

This is Kuno-Kano, by Gil Kuno and Shoshi Kanokohata, who is a shakuhachi player and ceramic artist. They created subtle and profound sound-scape by processing sound of shakuhachi with the computer. When it comes to noise and shakuhachi, I instantly think about Organum. However, Kuno-Kano’s yugen (subtleness and profoundness ) was not that kind of. As Kio Griffith’s video projection shows, I felt slow heat rising up.

kuno_kano

 

そしてトリを飾ったのがデミアン・ロメロ。マイPAを持ち込んでの重低音ノイズはスペース全体が共鳴する楽器と化し、パワフル。もっと聴きたい! LAノイズ界の重鎮です。長年続けていらっしゃるLAのラジオKXLUのDJで、ノイズを紹介されております。日本のノイズも数多く紹介され、わたしはそこで灰野さんのハーディガーディの音を聴いて、愕然としたのです。低音というのはとても面白いと思います。昔、発電所のタービンの低音を聞いて、気持ち悪くなったと思えば、このように気持ちよくなる音もあります。

The final act was Damion Romero. He brought his own PA system. The low-frequency pulse engulfed the entire place, resonated, and the whole room became one instrument. Powerful. I wanted to listen more. He is one of the Los Angeles’ finest noise artist.  He continues his great contribution for noise scene, LA, which is playing noise as DJ on KXLU. Also, he introduced many Japanese noise. That show was where I heard Keiji Haino’s Hurdy-gurdy piece for the first time. I was astonished and blown away. I found the low frequency noise very interesting. One time, I had an opportunity to visit an power plant. The low-pitch noise from the turbine made me sick. On the other hand, like his noise, some of low noise feels good.

damion_romero_at_n_solstice

 

 

Live Diaries (3) / ライブ日記(3)

さて、ばねとりこは先月、2本連日でライブをやりました。2日連続は実は初めての経験なのです。

20日の金曜日には、リバーサイドなるところに行ってきました。リバーサイドはロサンゼルスより東の内陸へ100kmほど行ったところにあります。荒野っぽくなってきたところにある都市です。

古い都市なのか、ダウンタウンの町並みはとっても趣がありました。

これがいい感じの教会です。

riverside_church

 

広場はゆったりとしていて、みなさんくつろいでました。

riverside_down_town_2

 

こちらがハコのBlood Orange Infoshopです。地下にあります。この建物自体は多目的ホールみたいになってて、いろんなクラスがあるようです。


blood_orange_sign

 

中には本や冊子が演説ひな壇みたいなのが置いてあって、学生運動のアジトみたいでした。

ライブの方はお客さんはあんまりいませんでしたが、対バンのみなさんもそれぞれに個性があって楽しかったのです。わたしの演奏もうまくいってよかったです。

お声が掛かってなければ、この街に来ることもなかったかもしれません。ライブで新しい街に行くのはいい経験になりますね。

 

Banetoriko Live at A Noisy Solstice, Culver City, CA 6/21/2014 ばねとりこライブのお知らせ

noisy_solstice

Unsound.com presents: A Noisy Solstice

Saturday, June 21, 2014 9pm $5 Donation

Line-up (in alphabetical order)

Banetoriko

Damion Romero

French Vanilla

Gil Kuno

GX Jupitter-Larsen

Handsomest Drowned Man

Kuno-Kano

Telecaves

Secret Culver City Location

(Please email to events@unsound.com for location or
click this page the day of show)

More detail: Click here

ばねとりこ、週末またライブ! LAのノイズ大先輩方の胸を借りるつもりで頑張ります!ライブはいつも本当に楽しみです。ギルさんやオーガナイズしてくださった方々にとても感謝しております。

Banetoriko will play again in this weekend! Many gratitudes to Gil san and other organizer, also senpai in LA noise!

Banetoriko Live at Riverside, CA 6/20/2014/ばねとりこライブのお知らせ

bane_riverside_june_2014

Desert Center
http://desertcenter.bandcamp.com/

Hex Horizontal
http://hexhorizontal.bandcamp.com/album/influx-i-plastique

Planet Vegeta
http://planetvegeta.bandcamp.com/album/live-from-planet-vegeta

Banetoriko
http://banetoriko.net/video/

Primary Colours

Blood Orange Infoshop

3485 University Ave # 2, Riverside, California 92501
Door opens at 7pm $5