ばねとりこ「面霊気」Banetoriko “Men-reiki”

あの音と、あいまいな記憶(2) / That sound, blurred memories (2)

夜は静かになるところに住んでいた

わたしの寝室にいろいろな音が届いた。

マンホールの蓋の下から下水道の音が聞こえることがあった。

暑い夏の夜などは、なかなか寝つけずにこの音に耳を澄ましたものだった。

思い立って、ある夜、マンホールのそばに立った。

金属の棒のようなものを差し込んで蓋を持ち上げるための、鍵穴のようなところから、さざめきが聞こえてくる。

寝そべって、耳を当てがった。

マンホールは夏の熱気に、人肌のように温かだった。

流れる水の音がトンネル内で反響して、幾千もの水の粒が生き物のようにも跳ね返り、流されていく。

地下には、いろんなものを洗い流した水のざわめきが、深くトンネルを満たす世界があった。

わたしはうっとりと音に引き込まれた。

 

 

 

I have lived in the quiet area at night.

Various sounds reached into my bedroom.

I often heard the sewer stream from under the manhole.

Too hot to sleep, I used to listening to that sound.

Then, one night, I stood by that manhole.

From the keyhole where the worker put the tools in, I could hear water’s chit-chat.

I lay down, put my ear on the keyhole.

The manhole was warm like skin, heated in summer.

Thousands of drips jump around like some kind of creatures, echoing in the tunnel and they were carried far away.

There was another world underneath, where was filled with hum and noise of water. The water, which washed many things away from the ground.

I was enchanted by that noise…