The Rice Cooker Blues / 妖怪『鳴釜』

My beloved rice cooker finally gave up on me. He died.

It was wonderful six years with Mr. Rice-cooker.

So I decided to take him apart if I can find some useful parts for noise.

He was very simple. As dried rice fell from departed parts, I began missing him. Sayonara…

I saved these remembrances (also the inner pot, which is not in pictures) for the future. Spring is always useful. This thick metal thingy makes faintly dried metal sound when I hit.

… Now, I guess I have to cook rice with a pot…

愛用の炊飯器くんが、ついにぶっ壊れて、死んでしまいました。

6年の素晴らしき日々。

ならば、分解してノイズ素材を手に入れましょう。

中は単純な感じでした。さようなら、炊飯器くん。

3枚目の写真の部品(と内釜)が、形見となりました。ばねは何かと役に立つし、金属の分厚い円盤みたいなのは、「カン!」とどこかわびしい音を鳴らします。

釜といって思い出すのは、やはり妖怪「鳴釜(なりがま)」です。

そこで、鳥山石燕先生の絵(『百鬼徒然袋』より)をもとに、描いてみました。妖怪を描くのは、楽しいです。

鳴釜について調べると、興味深いことが分かってきました。

由来は岡山県の吉備津神社の「鳴釜神事」らしいです。お米を炊くときになる音で吉凶を占うそうです。

ウィキペディアによると、

『吉備津神社には鳴釜神事の起源として以下の伝説が伝えられている。 吉備国に、温羅(うら)という名の百済の王子が来訪、土地の豪族となったが、鬼となり悪事を働いたため、大和朝廷から派遣されてきた四道将軍の一人、吉備津彦命に首を刎ねられた。首は死んでもうなり声をあげ続け、犬に食わせて骸骨にしてもうなり続け、御釜殿の下に埋葬してもうなり続けた。これに困った吉備津彦命に、ある日温羅が夢に現れ、温羅の妻である阿曽郷の祝の娘である阿曽媛に神饌を炊かしめれば、温羅自身が吉備津彦命の使いとなって、吉凶を告げようと答え、神事が始まったという。』

「鳴釜神事」「フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より

http://ja.wikipedia.org/wiki/鳴釜神事

やはり妖怪には、音が関係することが多いようです。

炊飯器でノイズを試みるのにも、深い意味があるということです。こじつけ。

An inner pot remind me yokai (Japanese folklore spirit / monster), “narigama”.

I drew my version of narigama, based on the painting by Sekien Toriyama.

So much fun to sketch yokai.

I found out interesting facts about narigama.

The origin of this yokai comes from the ritual at Kibitsu Shrine, Okayama, divining fortune by sound of the pot cooking rice.

According to Wikipedia Japan,

“This is a story about the origin of the ritual of narigama:

The prince of Baekje, Ura visited Kibi no Kuni in Japan. He became a powerful clan in the region, but then he became a demon, committing evil acts. So the Yamato imperial court sent one of the four shoguns, Kibutsuno Hikomikoto to cut Ura’s head off. Even after being beheaded, his head kept growling. Ura’s head kept growling even he let dogs eat the head to bones, or he buried it under the iron pot at the shrine. One day, Ura appeared in kibitsuno Hikomikoto’s dream, saying if he let Ura’s wife (Asohime) cook the rice for him, he would tell the fortune. This is how the ritual of narigama started.”

http://ja.wikipedia.org/wiki/鳴釜神事

Yokai and noise are related often.
Making noise with the rice cooker has deep significance… I guess.

2 comments on “The Rice Cooker Blues / 妖怪『鳴釜』

  1. Insū_Bunkai says:

    深い…炊飯器の死は無駄になりませんでした!
    サンヨーが聞いたら泣いて喜ぶことでしょう。

    鳴釜さんの人魂もよう(?)が、かわいい感じです。
    そんな行事があったとは…ウィキの記事をまた改めてじっくり読ませてもらいます!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s